スキンクリアピーリングシステム
スキンクリアシリーズ
ニトリルグローブ価格改定につきまして
ホームケア美容機器のODM・OEM制作もおまかせ
エステ用品のミヤタッチだからできるOEM化粧品
エステ用品の脱毛機器・痩身機器・美顔機器、ベッド・消耗品・ユニフォーム等の卸・仕入サイト「ミヤタッチ」のカテゴリ一覧
ミヤタッチは家電販売はじめました。家電チラシいいもの特急便
本体2万円!本格派家庭用脱毛器eggshotサロン価はログイン後に!
眉毛エクステWILLBROWの商材一般販売開始!
ヒト幹細胞培養液使用 髪育時代へアクティバート
業務用エステ機器の購入にクレジットショッピング(分割払い)がご利用いただけます。
エステ用品、美容商材のの卸・仕入通販サイト「ミヤタッチ」ではFAXでのご注文も承っております。こちらからダウンロードください。
月額3980円「ミネラル水素水サーバーAquaBank(アクアバンク)」のお申し込みはこちら
カレンダー
エステ用品のミヤタッチ
2021年1月の営業カレンダー
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

※赤字はメール返信・発送業務定休日です

大阪でエステ用品のミヤタッチを運営しております、エステディーラーのアイムビーです。現在、たくさんのお問合せをいただいております順次対応しておりますので、今しばらくお待ちいただければと思います。
万一、メールをお送りいただいたにも関わらず2週間以上当店より返信が届かない場合は大変お手数をお掛け致しますが 再度ご連絡下さいます様お願い致します。
e-mail : inquiry@miyatouch.com

株式会社アイムビーはエステティック工業会 正会員です
エステ店経営者向けの月刊情報誌 エステティカ・ベレーザ
SECURITY

当サイトはSSLにより情報を暗号化して通信しています。安心してご利用くださいませ。

現在、天候不良の影響により特定の地域に配送に遅れ、または配送停止が発生しております。詳細は各運送会社をご確認ください。佐川急便からのご案内ヤマト運輸からのご案内

エステティシャンは資格が必要? 代表的な資格を紹介

エステサロン開業に必要なもの

独立や起業を考えている方のなかには、エステサロンの開業を検討している方も多いでしょう。美容に関する意識が高い現代、エステサロンを利用する方は多くいるためです。

エステサロンと一口に言っても、実際にはさまざまな種類があります。種類によって特徴や必要な設備は異なるため、エステサロンの開業を考えている場合、それぞれの特徴を知ることが重要です。

競合サロンのリサーチはもちろん、自分に合った種類のエステサロンを選び、長く愛される店舗づくりを行いましょう。

この記事では、エステサロンの種類や施術内容、必要な設備を解説します。経営を成功させるための考え方も紹介するため、エステサロンを開業したい方は参考にしてください。

1. 【種類別】エステサロンの特徴

エステサロンにはさまざまな種類があり、それぞれで施術内容や必要な美容機器が異なります。開業したい場合は、エステサロンにどのような種類があるのか知ることが重要です。

ここでは、8種類のエステサロンについて、特徴や施術方法、必要となる機器や経営のポイントを解説します。

1-1. フェイシャルエステサロン

フェイシャルエステサロンは、顔から首、鎖骨あたりまでを対象とした施術を行うサロンです。フェイシャルエステの施術者は、シミやシワ、毛穴、たるみなどの悩みを解消するためのメニューを提供します。

フェイシャルエステサロンの施術は、ハンドケアで行われることが一般的です。また、肌トラブルに対応するために、手技によるフェイスケアと美容機器が併用される場合もあります。

フェイシャルエステサロンを経営するときのポイントは、お客様の悩み別に特化した施術メニューやオプションを用意し、顧客単価を高めることです。毛穴ケアやシワ対策、美白に特化したコースなどを作ることで専門性の高いサロンを経営できます。

1-2. ボディ・痩身エステサロン

ボディ・痩身エステサロンは、顔を含む全身を対象とした施術を行うサロンです。ボディ・痩身エステサロンの施術者は、美肌効果やリラックス効果、痩身効果を得るためのメニューを提供します。

ボディ・痩身エステサロンの施術は、ハンドマッサージやリフレクソロジーによるボディケアが一般的です。また、吸引マシンや痩身マシンなどの機械を使って施術を行う場合もあります。

ボディ・痩身エステサロンを経営するときのポイントは、お客様のニーズに合わせたメニューを作ることです。下半身のむくみやお腹周りなど部位別に悩みを解消するメニューを作れば、幅広いお客様を対象に経営ができます。

1-3. 脱毛サロン

脱毛サロンは、ムダ毛の処理を行うサロンです。脱毛専門の場合はマッサージなどを行わず、お客様が希望する部位を脱毛するためのメニューを提供します。

脱毛サロンでは、光脱毛やワックス脱毛といった脱毛法が一般的です。光脱毛は光を照射するマシンを使用し、成長期の毛根に熱を与えることで脱毛が促進されます。ワックス脱毛は、ブラジリアンワックスなどを使用して脱毛する手法です。

光脱毛の施術では、資格や免許を取得する必要がありません。ただし、民間の資格を取得すれば品質の高さをアピールすることが可能です。

脱毛サロンを経営する場合、脱毛機などの機器導入費用がかかります。新規顧客の獲得だけでなく、リピーターを増やすことで売上を高めることが成功のポイントです。

1-4. リラクゼーションサロン

リラクゼーションサロンは、心身のリラックスを目的とした施術を行うサロンです。リラクゼーションサロンの施術者は、日頃の疲れやストレスを癒すためのメニューを提供します。

リラクゼーションサロンの施術は、アロママッサージやスカルプケア、ヘッドスパなどです。また、オステオパシーと呼ばれる技法を用いる場合もあります。

リラクゼーションサロンを経営するポイントは、施術だけでなく接客の品質も向上させることです。日常生活の忙しさを忘れられる雰囲気を演出できれば顧客満足度も高まり、安定した経営が可能となります。

1-5. マッサージサロン

リラクゼーションサロンは、心身のリラックスを目的とした施術を行うサロンです。マッサージサロンの施術者は、体のさまざまな部位をケアするためのメニューを提供します。

マッサージサロンでは手技による施術を中心に、マッサージオイルやかっさプレートなどが使用される場合もあります。また、デトックスをコンセプトとするマッサージサロンでは、リンパマッサージのあとにハーブティーを提供することも一般的です。

マッサージサロンの経営では、ターゲットの客層やサロンのコンセプトを明確にすることが重要です。独自のメニューやコンセプトを打ち出すことで、効果的な集客が期待できます。

1-6. 訪問エステ

訪問エステは、外出が難しい方を対象に施術を行うサロンです。ブライダルエステサロンの施術者は、ウェディングドレスを着た姿を綺麗に見せるためのメニューを提供します。

ブライダルエステサロンでは顔や二の腕、背中などの部分痩せやスキンケアを目的とした施術が一般的です。ダイエットコースや脱毛コースのほか、ネイルのケアを提供するサロンもあります。

ブライダルエステサロンを経営するときのポイントは、フェイシャルやボディ・痩身などのメニューもあわせて用意することです。ブライダルの施術だけでは基本的にリピートが発生しないため、幅広いコース内容を用意することが重要となります。

1-7. ブライダルエステサロン

ブライダルエステサロンは、結婚式を控えた女性に施術を行うサロンです。訪問エステの施術者は、育児や介護などで外出が難しい方の自宅に訪問して施術を行います。

訪問エステの施術内容は、ボディ・痩身エステサロンやフェイシャルエステサロンと同様です。ただし、美容機器やタオルなどの備品を持ち運ぶ必要があるため、自動車の運転免許が求められます。

訪問エステを経営するときのポイントは、訪問先の環境に合わせて適切なサービスを提供することです。臨機応変に対応できる技術力が、訪問エステを経営するポイントとなります。また、持ち運ぶ備品をできるだけ小型化し、移動しやすくするなどの工夫も重要です。

1-8. メンズエステサロン

メンズエステサロンは、男性のお客様を対象に施術を行うサロンです。メンズエステサロンの施術者は、美意識が高い男性のニーズに応えるメニューを提供します。

メンズエステサロンの施術は、女性向けのフェイシャルエステサロンやボディ・痩身エステサロンと同様です。また、シェービングやヒゲ脱毛などの男性用メニューが用意される場合もあります。

メンズエステサロンを経営するときのポイントは、男性のニーズを汲み取ったサービスを提供することです。エステサロンは女性が通うイメージが根強いため、女性からの視線を気にする男性も少なくありません。このような気持ちに配慮することが、メンズエステサロンを経営するうえで必要となります。

2. エステサロンの開業時は種類の差別化が成功のカギ

エステサロンの開業時は、お客様のニーズに応えつつ他店と差別化を図ることが重要です。他店と異なる種類やコンセプトのエステサロンであれば、競合サロンで満足できないお客様をターゲットとして集客ができます。

起業前にエステティシャン向けの民間資格を1つでも取得しておくと、自信を持ってエステサロンを開業できます。資格の有無はお客様に安心感を与えることにもつながるため、可能な限り何か資格を取得しておきましょう。

4. 開業の際に用意する業務用機器は「ミヤタッチ」での導入がおすすめ

エステサロンの開業時に業務用機器を導入する場合は、エステサロン向け卸サイトのミヤタッチがおすすめです。ミヤタッチは、経験豊富なバイヤーが厳選した高品質な美容機器や化粧品、エステサロン向けの消耗品などを取り扱っています。

独自性のあるエステサロンにしたい場合は、美容機器や美容用品を充実させることも必要です。エステサロン開業時に設備を充実させるためには、エステサロン向け卸サイトの利用がおすすめです。

総合美容卸サイトのミヤタッチであれば、さまざまな種類のエステサロンに必要な備品を購入できます。ミヤタッチは豊富な品揃えのほか、美容機器選びに詳しい専属インストラクターが所属していることや、複数メーカーの商品を1日で体験できることなどが魅力です。

エステサロンの経営を成功させたい方は、ミヤタッチを利用してみましょう。

まとめ

ここまで、エステサロンの種類や施術内容、必要な設備や経営を成功させるための考え方を解説しました。

エステサロンには、フェイシャルエステサロンや痩身エステサロンのほか、脱毛サロン、訪問エステなどさまざまな業態があります。エステサロンの種類によって施術内容や必要な設備、お客様のニーズが異なるため、違いを把握することが重要です。

ページトップ