スキンクリアピーリングシステム
スキンクリアシリーズ
アイムビートリートメントジェル
エステ用品の脱毛・痩身・美顔機器、ベッド・消耗品・制服(ユニフォーム)等の卸・仕入通販サイト「ミヤタッチ」のカタログのご請求はこちら
ホームケア美容機器のODM・OEM制作もおまかせ
エステ用品のミヤタッチだからできるOEM化粧品
エステ用品の脱毛機器・痩身機器・美顔機器、ベッド・消耗品・ユニフォーム等の卸・仕入サイト「ミヤタッチ」のカテゴリ一覧
ミヤタッチは家電販売はじめました。家電チラシいいもの特急便
本体2万円!本格派家庭用脱毛器eggshotサロン価はログイン後に!
眉毛エクステWILLBROWの商材一般販売開始!
ヒト幹細胞培養液使用 髪育時代へアクティバート
業務用エステ機器の購入にクレジットショッピング(分割払い)がご利用いただけます。
エステ用品、美容商材のの卸・仕入通販サイト「ミヤタッチ」ではFAXでのご注文も承っております。こちらからダウンロードください。
月額3980円「ミネラル水素水サーバーAquaBank(アクアバンク)」のお申し込みはこちら
カレンダー
エステ用品のミヤタッチ
2020年10月の営業カレンダー
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

※赤字はメール返信・発送業務定休日です

大阪でエステ用品のミヤタッチを運営しております、エステディーラーのアイムビーです。現在、たくさんのお問合せをいただいております順次対応しておりますので、今しばらくお待ちいただければと思います。
万一、メールをお送りいただいたにも関わらず2週間以上当店より返信が届かない場合は大変お手数をお掛け致しますが 再度ご連絡下さいます様お願い致します。
e-mail : inquiry@miyatouch.com

株式会社アイムビーはエステティック工業会 正会員です
エステ店経営者向けの月刊情報誌 エステティカ・ベレーザ
SECURITY

当サイトはSSLにより情報を暗号化して通信しています。安心してご利用くださいませ。

エステティシャンは資格が必要? 代表的な資格を紹介

エステティシャンのイメージ

エステティシャンは、顔や体の悩みを解決し、美を保つためのお手伝いをする仕事です。美容に関心があり、誰かをキレイにしたい気持ちを持っている人にとって、エステティシャンは憧れの職種です。

当記事では、エステティシャンになるための主なルートや代表的な資格、資格を取得するメリットについて解説します。エステティシャンとして働きたいと考えている人は、ぜひ参考にしてください。

1. エステティシャンに資格は必須ではない

エステティシャンは、主にお客様の顔や体に直接触れる仕事であるため、専門的な知識と技術が必要です。しかし、日本にはエステティシャンの国家資格がないため、資格がなくてもエステティシャンとして働くことはできます。

民間資格の取得も必須ではありません。そのため、エステティシャンの求人には未経験者や無資格者を歓迎する募集も多く含まれています。
とはいえ、エステティシャンの仕事内容は、お客様のカウンセリングや美容器具を使用した脱毛施術などであるため、専門的な技術が必要です。

また、未経験のままエステティシャンとして働くことを不安に感じる人もいるでしょう。お客様も同じく、無資格のエステティシャンの施術には不安を感じます。
お互いが納得する施術ができるように、資格を取得して技術を磨くことがおすすめです。

2. エステティシャンになるための主なルート

エステティシャンになるためには、2つのルートを選択できます。

・専門学校に通う

美容専門学校やスクールでエステティシャンを目指す方法です。

エステティシャンの資格を取得するためには、実技試験が必須の場合がほとんどです。専門学校に通うことで、実技授業や練習ができるうえ、講師から的確なアドバイスをもらえるため、資格取得試験に適切な対策ができます。
また、専門学校に通うことで、卒業間近には就職先をサポートしてもらうことも可能です。

通信制スクールや短期講座では、通信講座による認定試験対策やレッスンを受ける方法を選択できます。
他者からサポートを受けたい場合は、専門学校に通ってエステティシャンを目指すと良いでしょう。

・未経験OKの求人でエステティシャンとして働く

未経験OKの求人を探して、エステサロン勤務をしながらスキルアップする方法です。

前述したように、エステティシャンには無資格・未経験でも応募できる求人が多数あります。社内研修制度を利用することで、働きながら専門技術を身につけることができる他、資格取得の勉強をすることも可能です。

ただし、入社後すぐにお客様を施術できるとは限りません。受付や電話対応、清掃などのサロンワークしかできない場合があるため、入社前には必ず仕事内容を確認しておきましょう。

資格取得が必須ではないからこそ、さまざまな選択肢で学べることがエステティシャンの魅力です。自身の状況に合わせて、適切な方法を選択しましょう。

3. 代表的な資格を紹介

エステティシャンになるためには、国家資格の取得は必須ではありません。もちろん、無資格でもお客様に施術することはできますが、民間資格を取得するに越したことはありません。
民間の資格を取得しておくことで、求職活動でのアピールポイントとしても利用することができます。

ここでは、民間の資格の中でも代表的な資格を4つ紹介します。

3-1. 認定エステティシャン

認定エステティシャンは、エステティシャンについての基礎知識と技術があり、自身が担当している施術サービスをお客様に提供できるエステティシャンかどうかを認定する資格です。

多くのエステティシャンが認定エステティシャンの資格を取得しており、エステサロンで勤務する人にとってメリットの大きい資格だといえます。

認定エステティシャンの資格を受験するためには、下記のいずれかに該当している必要があります。

・協会認定校で300時間以上履修コースを修了している
・エステティックに関連する実務経験が1年以上ある(フェイシャルまたはボディ)

3-2. AEA認定エステティシャン

AEA認定エステティシャンは、日本エステティック業協会が認定しているエステティシャンの基礎資格で、エステティシャンとしてのスタートラインのレベルに達しているかを認定する資格です。

AEA認定エステティシャンの認定基準は、「エステティシャンについての基礎知識と技術、注意事項を十分に理解しているか」「お客様に安全な技術提供が可能であるかどうか」の2つです。

AEA認定エステティシャンの資格を受験するためには、下記のいずれかに該当している必要があります。

・AEA認定校で300時間以上履修コースを修了している
・エステティックに関連する実務経験が1年以上ある(フェイシャルまたはボディ)

3-3. 認定上級エステティシャン

認定上級エステティシャンは、日本エステティック協会が認定する資格で、認定エステティシャンを取得した後に取得できる上位資格です。認定エステティシャンよりも、プロフェッショナルな知識と技術を持っているエステティシャンであることを証明できます。

エステティシャンとして、基礎的な理論や技術はもちろん、お客様が何を求めているのかを的確に判断できる能力があることを認定する資格です。そのため、お客様のニーズに応えられるようなサービスを提供し、店舗の利益や顧客満足度に貢献できるエステティシャンが、認定上級エステティシャンとして認定されます。

技術力確認試験は、フェイシャル・ボディマッサージ・メイク・ネイルと多岐にわたります。フェイシャルケアとボディケアの技術試験では、手技と機器使用のどちらも認定基準です。

認定上級エステティシャンの資格を受験するためには、下記のいずれかに該当している必要があります。

・協会認定学校で1,000時間以上のコースを履修、またはCIDESCO国際認定校コースの修了している
・認定エステティシャンの資格取得後、2年以上もしくは通算5年以上の実務経験がある

3-4. ICAM

ICAMは、フランスで生まれた世界最高レベルの美容業界の国際ライセンスです。かつては、フランスだけで取得できる試験制度でしたが、国際基準として世界中に推進するため日本にも誕生しました。

ICAMでは、美容専門家としての知識と技術以外に、お客様に対するホスピタリティのある接客ができるかどうかが要求されます。マナーや法令に対して一定水準の知識を有していることも認定基準です。

美容国際ライセンスを取得したエステティシャンが在籍することで、エステサロン側もお客様に質の高いサービスが提供可能であることをアピールできます。

ICAMの資格を受験するためには、下記のいずれかに該当している必要があります。

・ICAM認定校において規定カリキュラムを履修・修了している
・実務経験が2年以上ある
・ICAMJAPANのメンバーである

ミヤタッチを運営しているアイムビーはICAMの認定校【Miyatouch Beauty Academy】を運営しております。

4. エステティシャンが資格を取るメリット

これまで説明したように、エステティシャンの資格取得は業務に必須ではありません。
しかし、資格の取得により下記のメリットを得ることができます。

ICAMでは、美容専門家としての知識と技術以外に、お客様に対するホスピタリティのある接客ができるかどうかが要求されます。マナーや法令に対して一定水準の知識を有していることも認定基準です。

最後は、エステティシャンが資格を取るメリットを2つ紹介していきます。

・メリット1:仕事に有利に働く

ICAMでは、美容専門家としての知識と技術以外に、お客様に対するホスピタリティのある接客ができるかどうかが要求されます。マナーや法令に対して一定水準の知識を有していることも認定基準です。

エステティシャンの資格を持っていると、給与アップや就職へ有利に働きます。無資格の人より知識や技術があると証明できるため、優遇されやすいです。
すでにエステサロンに在籍している人も、資格を取得することが出世のきっかけとなる場合があります。

また、会社によっては資格手当をつけてもらえるケースも少なくありません。

・メリット2:技術力が高まる

エステティシャンの試験では、筆記試験だけでなく実務試験も重要視されます。エステティシャンの試験に合格するためには、確かな技術を持っておく必要があります。

資格を取得していなかったら勉強することのなかった分野での経験は、今後の実務にも活かされるでしょう。
また、資格を持っていることが自分自身に対する自信にもつながり、良い接客にもつながるといえます。

ミヤタッチを運営しているアイムビーはICAMの認定校【Miyatouch Beauty Academy】を運営しております。

まとめ

エステティシャンは、資格取得が必須ではありません。そのため、未経験者でもすぐにサロンを開業したりエステサロンに就職したりすることができます。
ただし、無資格のままでは実務経験者との技術レベルの差が広がってしまいます。

民間資格を取得することで、就職や技術面でのメリットが増えます。資格取得によって正しい知識と技術をつけることで、自信と信頼につながるためです。

国内で取得できる資格の種類はさまざまで、エステティシャンとしてどのような活躍を目指すのかによって、資格の種類や資格取得の方法は変わります。
今回の記事を参考に、ぜひ自身の人生プランに合った資格取得を目指しましょう。

ページトップ